血統ウィナーズ

評価:1 票, 平均: 3.00 / 51 票, 平均: 3.00 / 51 票, 平均: 3.00 / 51 票, 平均: 3.00 / 51 票, 平均: 3.00 / 5
血統ウィナーズ

【血統ウィナーズの概要】

『血統』を知らずして予想を出せるのか!?

1982年-2015年まで中央現場記者「当時の実話」が語られる。

「証拠」は読めばわかる!

毎週無料で提供する「血統と競馬の関係」公開中!

血統理論こそが競馬を支配する最強の理論

「競馬はブラッドスポーツ」という有名な格言(提言)がありますが、やはり競馬を語る上で避けて通れないのが血統です。

いまから走るこの馬の父はどんな馬か?母はどんな産駒を産んでいるのか、母の父はどんな馬だったのかなどなど。

すべては先祖から脈々と受け継いて来た競走馬の特徴、DNA、その力を可視化してレースの予想に役立てようというのが血統理論の根幹です。

そもそも競馬における血統とは

近代競馬はたった3頭の馬から始まったと言われます。

サラブレッドの3大始祖

• バイアリーターク
• ゴドルフィンアラビアン
• ダーレーアラビアン

この3頭の馬の子供たちを掛け合わせて生まれたのが現在のサラブレッドといわれています。サラブレッドの英語表記は「Thoroughbred」となるのですが、この英語が意味するものとは

Thorough [ 完璧 ] + bred [ 躾 ] であり、競走馬として完全な躾を受けていることを意味しています。

品種改良を重ねるようにより強く、美しい馬の子孫だけを淘汰していった結果生まれたのがサラブレッド。
その過程はさながら精密な実験のような形を取っていて、どの馬とどの馬を掛け合わせて(配合)どんな特徴の馬が生まれたのかがすべてのサラブレッドについて記録が残っています。
この3大始祖に繋がる血の系譜図、これがサラブレッドの血統です。

血統理論は良血に落ち着くのか

血統理論は種牡馬や母、または母父の能力をどれだけ受け継いでいるか、または乗り越えられているかがカギになります。

ただやはりそこは走ってみないと分からない未知数の部分なので、父や母や母父にネームバリューのあるいわゆる良血馬を高く評価しがちになります。

もちろんその事自体は悪い事ではありません。とくにあまり成績がよくない良血馬がある日突然重賞や時にはGⅠを勝ったりすることはよくあります。

これはもう血のなせる技というしかありません。こういう機会を捉えられるのが血統理論の良い点です。

良い例としてはステイゴールドの母のゴールデンサッシュという牝馬が存在します。この牝馬は自身未勝利で現役を終えながらもサッカーボーイの全姉という血統面が評価され繁殖入りし名競走馬であり名種牡馬としても数々の活躍馬を生み出したステイゴールドを世に出しています。

けれどもあまり良血ばかりに目が行ってしまうのも考え物です。
本来であればどの馬も血統から公平に判断し、あくまでも純粋にその馬の血の持つ力を見極めるというのが正しいのかもしれません。

走る馬が血統を作っていくという競馬の一側面

競馬というのは血統の支配するスポーツであり、そのことは競技生活を終えた後も生涯その馬に付いて回ります。

どんなに血統的に評価されていなかった馬でも、連戦連勝して己が強さを天下に知らしめれば種牡馬として自分の血を後世に伝えていく事が出来るし、逆にどれだけ良血でも強さを証明できなかった馬は静かに血統という血の樹形図から外れていきます。

残酷なようですがより純粋に強い血統を作っていくという至上命題がある限り、これは仕方のないことかもしれません。

そしてこの血統が続いていく限り、それを補完する血統理論というのも永遠と続いていくものでもあります。

運営者情報

事業者名:ワールド株式会社
所在地:東京都港区高輪4-23-6 ハイホーム高輪708
責任者:松元 信忠
電話番号:03-5931-0606
メールアドレス:info@t-winners.jp
サイトURL:http://t-winners.jp/

タイトルとURLをコピーしました