【G3 CBC賞2023】中央競馬無料買い目予想 中京競馬場

G3 CBC賞

第59回CBC賞(G3)2023年7月2日 中京競馬場芝1200m

小倉開催だった昨年は上位人気3頭の決着となりました。勝ったのは3歳牝馬で48キロと軽ハンデをいかしたテイエムスパーダで、今村聖菜騎手が初重賞を制覇しました。

今回はシルクロードSを3着で前走OP勝ちを収めたマッドクールが人気の一角を担い、夏のスプリント路線で活躍が見込めそうです。

それではCBC賞の特徴や予想をみていきましょう。

5歳馬が強くて上位人気も好走多く、軽ハンデには注意

CBC賞は過去10年で5歳馬が【7.5.4.32】と勝率14.6%、複勝率33.3%と圧倒的な強さを見せています。

人気別では1番人気が【2.1.1.6】で勝率20%、複勝率40%となっています。2番人気が【3.2.2.3】で勝率30%、複勝率は70%と好成績を残し、3番人気が【1.2.3.4】で勝率10%、複勝率60%と上位人気が好走している例が目立ちます。

また、昨年のように軽ハンデの馬が好走しています。ただ、55キロまでの軽ハンデ馬が4勝を挙げ、55.5キロ以上のハンデ馬が5勝と、それほど戦績に差はありません。

予想印と該当馬の特徴

◎ マッドクール
〇 トゥラヴェスーラ
▲ ヨシノイースター
△ ディヴィナシオン

◎ マッドクール 牡4 6枠8番 58.5キロ 坂井瑠星
前走春雷S1着 父Dark Angel
母Mad About You
母父Indian Ridge
馬主 (有)サンデーレーシング

マッドクール
Copyright © Japan Racing Association

前走は中山遠征に重馬場、57.5キロのハンデと不利な条件が揃ったが、番手からきっちりと差し切りました。2走前はシルクロードSで3着とこの条件でも地力は通用するレベルです。ハンデもこの程度なら問題ないでしょう。
追切は坂路で53.3-11.6秒とラストの脚もしっかり伸びて好調をアピールしています。

〇 トゥラヴェスーラ 牡8 7枠9番 58キロ 藤岡康太
前走京王杯SC12着 父ドリームジャーニー

前走は直線で前をさばけずに出しどころに戸惑った模様。高松宮記念では不良馬場の内を鋭く突いて13番人気ながら3着に食い込みました。馬場が荒れても問題ありませんし、年齢を重ねても実力は衰えていません。
追切は坂路で55.1-12.1秒と馬なりながらシャープな動きを見せて仕上がりは良好です。

▲ ヨシノイースター 牡5 1枠1番 56キロ 富田暁
前走鞍馬S4着 父ルーラーシップ

スタート今一つだった前走は道中じっくり構えて直線の伸びは際立っていました。最内枠に入ったので包まれるのが心配ですが、前へ行っても上手なので、レースセンスの高さからこのレベルなら勝ち負けまでありそう。
追切は坂路で52.2-11.9秒とタイムも優秀なので仕上がり具合も抜群といえます。

△ ディヴィナシオン 牡6 8枠11番 56キロ 川田将雅
前走函館SS6着 父ヴィクトワールピサ

前走は後方から流れに乗って6着といい脚を使って伸びていました。3走前はオーシャンSで15番人気ながら2着と素晴らしい脚を使っています。ここもじっくりと流れに乗っていければ好勝負期待できます。
追切は坂路で52.3-12.4秒と元気いっぱいの走りでデキをキープしています。

G3 CBC賞の勝負買い目はこれだ

・馬連BOX…計6点
・ワイドBOX…計6点
・3連複BOX…計4点

※掲載情報が古くなっている可能性があります。詳細は公式をご確認下さい。

この記事を書いた人
競馬予想サイト編集部

競馬・競馬予想サイトを趣味で研究しつくした、根っからの競馬オタク。
競馬で月25万↑の利益を得つつ、現在フリーランスで競馬関係のお仕事中!
長年の経験から、悪質サイトや怪しいコンテンツを見抜くのに長けているので、誰でも楽しく競馬で安定して稼げるようにサイトを作りました。

競馬予想サイト編集部をフォローする

【2024年3月】おすすめ人気競馬予想サイト

ギガうま
↓1分で簡単無料登録↓口コミを確認する↓最新口コミはこちら↓サイト情報を確認する
【無料情報】中央競馬重賞買い目予想
優良競馬予想サイトの口コミ比較案内所

この競馬予想サイトの最新口コミ一覧はこちら

タイトルとURLをコピーしました