競馬用語辞典(ら行)

評価:0 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 50 票, 平均: 0.00 / 5

競馬に関する専門用語のご紹介です。

50音順一覧

あ行 / か行 / さ行 / た行 / な行 / は行 / ま行 / や行 / ら行 / わ行

楽走(らくそう)

調教やレースにおける脚いろの表し方のひとつで、馬なりよりもっと楽に走っている状態。騎乗者が補助動作(手綱をしごいたり、ムチを使うなど)をしないの はもちろんのこと、むしろ馬の走る力をセーブさせてという状態で、余力十分で馬を走らせること。実戦で楽走ということは考えられないが、調教では調子のい い馬が楽走に近い状態で好タイムをマークすることもある。

ラチ

馬場の柵のこと。馬場の内側にあるものを内ラチ、外側にあるものを外ラチと呼んでいる。馬にはいろいろな癖を持つ馬がいて、ラチを頼る馬もいるし、反対にラチを怖がる馬もいる。前者の場合は内枠に入ると有利に働くが、後者の場合は一旦外に出して競馬しなければならず、枠順が内だからといって有利とは限らないものだ。

ラップタイム

単にラップともいうが、レースや調教における1ハロン(200メートル)ごとのタイム。レースにおけるラップタイムは先頭の馬で計測されるので、逃げ切ったとき以外は勝ち馬自身のラップとは異なる。ラップはレースの遅速を表すもので展開を解析するうえで重要なもの。特に前半の3ハロンでレースの性格が決まることが多く、競馬ブックでは各馬の通過順位から前半の3ハロンを全馬について計算し、能力表に掲載、勝ち馬推理の参考資料としている。

理想体重(りそうたいじゅう)

競走馬はレース数を使っているうちに能力を出し切れるときの馬体重が決まってくる馬もあり、理想体重(この馬体重なら走る)というものができてくる。そのため関係者はその体重をメドに仕上げることになるし、ファンの側から見ればそのときが狙いになってくる。。

良血馬(りょうけつば)

血統のいい馬ということで、“血統馬”ということもある。父馬である種牡馬から優秀な産駒が輩出しているとか、母馬である繁殖牝馬の競走成績がいい、あるいはその産駒(兄姉馬)が大レースを取っているなど、父母の血統がいいといわれている馬。また一般的には母系に好成績を挙げている馬が多く出ている場合も“良血”といわれている。

リーディング・ジョッキー

その年の最高勝利度数の騎手。中央競馬の場合、地域が東西に分かれているためそれぞれの最高勝利度数の騎手をリーディング・ジョッキーと呼んでいる。同じように最高勝利度数の調教師をリーディング・トレーナーというし、産駒の獲得賞金が最高の種牡馬をリーディング・サイアーといっている。

レコード

距離ごとの走破タイムの新記録のこと。その競馬場でのレコードをコースレコードといい、中央競馬の全競馬場の中で一番速いものをJRAレコードという。

連勝式(れんしょうしき)

勝馬投票券(馬券)の一種で、単勝式、複勝式が1頭の馬を当てるのに対し、連勝式は1、2着馬を同時に当てるもの。1、2着の着順通りに当てるのを連勝単式といい、着順に関係なく1、2着を一組とするものを連勝複式という。また、連勝式には馬を対象とする馬連(馬番連勝)と枠を対象とする枠連(枠番連勝)がある。

連対率(れんたいりつ)

連(1、2着)に絡む割合のこと。競走馬の成績の場合は全出走回数に対してということになる。また騎手の場合は騎乗回数に対する1、2着の割合だし、調教師の場合は自厩舎の延べ出走頭数に対する1、2着の割合である。

連番(れんばん)

連勝式の一対の組み合わせ番号。日刊紙、専門紙などレースごとに掲載している連番を“予想連番”という。

ローカル戦

中央場所(東京、中山、京都、阪神)に対し、中京、福島、新潟、札幌、函館、小倉で開催される競馬をローカル戦といっている。中央場所と一緒に行われる場合は裏開催という。

タイトルとURLをコピーしました